複数の里山プロジェクトを展開してゆく

お金の支配から解放された、5つの自立をかなえて、自主独立できる持続可能な次世代の未来社会

自然と他の生命と調和し、共生する持続可能な循環型の調和社会

みんなが笑顔になれる愛と希望がある社会。自然と人間、人間同士も世帯を超えて共存共栄する社会。お金があまりなくても人間らしく幸せに生きられる安心な社会。

そんな次世代の循環型調和社会を、医食同源はこぶね組合NAUは気が付いたみんなで造ります。

里山、山や森の中の「NAUはこぶねビレッジ と 医師の監修つきで医食同源の食材を卸販売するドクターズブランド医食同源NAU CAFE」は完全に調和し、循環する経済と暮らしの見本。

日本各地に拠点となる山に、里山NAUはこぶねビレッジを創ろう。里山NAUビレッジと、街の暮らしと、ドクターズブランド医食同源NAU CAFEを循環する需要と供給、生産と消費の循環型の経済を回す賢いビジネスモデル

沖縄、宮古島、石垣島、西表島、九州、四国、中国(島根、広島、岡山)、関西(兵庫、京都、和歌山、奈良)、四国(愛媛、淡路島、香川、徳島)、中部(三重、岐阜、長野、名古屋、静岡、伊豆)、関東(山梨、富士裏、群馬、神奈川、千葉、埼玉)、北陸(新潟、金沢、石川、南会津)、東北(岩手、秋田、青森、仙台)、北海道

これらの地域の各山に拠点となる「里山NAUビレッジ」をつくる計画。最初は、兵庫県の利他村、および、岐阜9万坪の土地から着手する。