【はこぶね通信】新しい国づくり


農家の組合員さんへ。みんなで日本古来の在来種を守りましょう! 【拡散希望】

〔零さんからの、呼びかけ〕

 2019.03.21

❇️農家の組合員さんへ

 

天然の在来種と日本古来の固定種で、今年の作付けをしたい方は、至急、本部・坂の上まで、個人的にラインをください。

 

もう2%しかない、死に絶え寸前の日本の天然の種を、増やしていかないと、なくなります!

種子方が廃止されてないときから、国が守っていたときから、もはや、日本古来の在来種、固定種は、無くなり続けまして、

 

いまでは、わずか2%しかない。

 

いま、はこぶねコミュニティをつくらねば、日本から、日本の種は消えます。

 

たとえ、種子法が復活しても、です!

一度、日本古来の種子を失えば、もう取り戻せないんだ。

 

どれだけ金を積んでも!

 

はこぶねコミュニティの働きにかかっています。

はこぶね組合員みんなで、たった2%まで消えてしまった日本の種を、50%以上まで、増やそうよ!

 

ね!

米、野菜は、日本の固定種、在来種をメインに、無農薬、無化学肥料を推進する、はこぶね組合から、定期コースで買ってくださいね!

 

それが、日本の種を守り、無農薬農家さんを助けます。

ただし、無農薬農業はたいへんだから、一気にはいかないから、数年はかかるから、長い目で見てね。

でも、今からやらないと、もう手遅れになるんだ。だから、やらないといけないんだ。

みんなで、はこぶねをつくろう!

 

天がつくりたかった世界を地上につくるチャレンジをしていこう!

 

そこにすべての解決法があるんだよ。

 

これこそが、真の政治だよ。

 

誰かがやってくれるんじゃない。

 

あなたがやるんだ

 

 


募集/ニュース!  2019年3月10日   

〈田舎で、無農薬農家になる生き方!〉

はこぶねコミュニティ熊本をつくるため、無農薬農業をやりたい方、家付きで、熊本にまるごと行きませんか?

 ❇️熊本からの良い知らせ

熊本の自然農の、若い農家さんから、坂の上まで連絡がありました。

 

無農薬の全国区の組合ができた噂を聞いて、はこぶねコミュニティをつくりたいと応募される農家さんは、多いですが、

 

そこは、ログハウスを一緒につくり、農地もあるし、耕作放棄地も開拓して、はこぶねコミュニティ熊本として、世界に発信したいそうで、

 

テレビ番組の題材にはまるので、良い企画だなあ、と思います。

 

各地域に無農薬農業をしたい組合員さんと農家のチームで、無農薬農業を推進する、はこぶねコミュニティを、熊本にもつくりたいし、

 

都会から人を受け入れられる家もあるそうです!

 

関西で農地を探していた方々、熊本はいかがですか?

 

彼は、ログハウスをつくる職人でもあり、みんなで住む家を、畑の近くにログハウスを建てようということになりました。

 

楽しそうじゃありませんか?

 

熊本には、自然農の上野さんもいらっしゃるし、雲仙が近いので農家会員の栗原さんも紹介して、その地域での無農薬農業を拡大できますね!

 

ログハウスづくりなんか、楽しくないですか? 私が行きたい!

 

──本気で、無農薬農業を学びながら、自分でもやれて、はこぶね組合で、はこぶねコミュニティ熊本として出荷できて、卸しマーケットも使えますから、至れり尽くせりです。

 

素晴らしい自然環境の中らしく、水もきれいで、農薬使ってない土だから、土にちからがあり、すでに最上ランクSです。

 

母屋がまるまる空いてるらしいから、家族の移住も歓迎みたいですよ!

 

農業をやりたいかた、大チャンスです!

 

 


❇️種子のはこぶね規格について

2019年2月22日

 

 

そもそもの目的のひとつが、日本の種がなくなる現状があり、日本の古来の種子をまもり、自家採種して殖やしていくことがありました。

 

はこぶねとは、まもるべきものをすべて、はこぶねに乗せて、まもる、という役割があります。

 

まもるのは、日本の種子、

 

日本人の種子と天然のDNA、人間

 

本来の人間らしい世界。

 

滅びてはならない価値観

 

天然の魚や家畜、みつばち、

 

日本の農業、漁業

 

日本の水源、安全な水、農地、大地、日本の技術、ちいきごとの日本人の暮らし、文化

これらを、はこぶねに乗せて、まもります。

 

それが、はこぶね組合であり、名前のゆえんです。

 

だから、やはり、果実など、無くなったものは仕方ないですが、

 

できるだけ、農家研究員が要請くださり、必要な品目の定種を組合で買います。

 

それを農家研究員に卸しますから、その種で、農業をする。

 

種がないものは仕方がないが、研究員は、みんなで固定種を探し、組合で、種子を保管する。

 

それをつかう。

 

一度、種を買えば、次は、農家さんたちが、面倒でも自家採種して、その種で、翌年の作付けをする。

 

みんなで、種子を探し、もちより、組合は種子を保存する、種子バンクとなる。

 

こんなイメージですね。

 

 


❇️はこぶねコミュニティを、私や、あなたが、今、やらないといけない理由。

 これから、小規模の農家、漁師、林業者を法的にまもろうとする組合が必要になります。

 

国が、外資グローバル企業の利益のために、日本の中小の第一次産業を潰しにかかるからです。

 

とくに、TPPや、日欧FTA、日米FTAで、日本の農業は壊滅的になります。

 

漁業、林業は、言うまでもない、

 

そんなときに、いろんな団体がありますが、あまり意味がない動画をつくり、ネット放送していたり、講演や、集まって政治を話したりしてますが、

 

其れも大事ですが、あまり大事ではなく、ポイントがずれてます。

 

それだけをしていたらだめです。

 

気がついた、または、気がつき出した99%の団体や人は、集まり、今の世の話だけして、政治で変えようとしていますが、

 

しかし、誰も、本当にすべきことはしない。

 

知識がなく、かんたんに悪用されたりする団体もあります。

 

いま、すべきは、そこではなく、

 

国が潰しにかかる第一次産業をまもり、たねと農地をまもり、人々の命と健康をまもり、互いに助け合う仕組みをつくり、生き延びるインフラをつくること、です。

 

 

さらに、新しいマネー、新しい産業技術のコラボレーションで、新しい経済と財源を産み出し、

 

新しい社会を開花すること。

 

これをせねばならない。

 

国家救済政策です。

 

新しいマネー、新しい産業のコラボレーションは、プロにしかできませんが、

 

無農薬農業なら。みんなででできるし、これから打撃をうける農業、漁業を守らねばなりません。

 

その仕組みとインフラ、すべて揃っているのが、はこぶねコミュニティです。

 

これは、みんなでやる、地方からの、新しい国づくり、五次元の世界をつくる人類救済プロジェクト。

 

いまないものを、今の最高権力がでら敵であるなかを、ゼロからつくるわけです。

 

だから、それは、大変だし、壁はあります。

 

ほとんどのリーダーや団体は、集会や講演会だけしますが、具体的な救済の事業は、やらない。

 

やれない。

 

やりたくない。

 

すぐには、あまり儲からないから、やらないか、

 

または、

 

真実を伝える講演や動画に出ているだけなら、責任なくて、楽だから、かもしれない。

 

つまり、本当にすべき日本救済の事業はしない。

 

というわけです。

 

 

そこまで自分を捨てることは、なかなか普通の人、つまり、凡人にはできないのは、仕方ありません。

 

それが人だから。

 

農家、漁師、林業者を法的にまもる組合をつくろうとは誰もしない。

 

自分の利益にならないことは、覚醒している人でさえ、誰も、あまりしない。

 

いわんや、普通の人なら、全くしない。

 

少ない反グローバリズムのリーダーや言論人、講師、先生のなかでも、

 

条例を作れ、や、各地で座山会するだけに終わり、あとは、変な政治に取り込まれていくだけで、

 

誰も実際に、日本をまもるための具体的な、はこぶねコミュニティのような活動はしない。

 

しかし、今、はこぶねコミュニティをやらないと、もう、日本は救えなくなり、地方はますます疲弊し、外資に奪われ、国民も毒を買うしかなくなり、子どもたちの命も、まもれなくなる。

 

日本の農地や農業も、漁業も、成り立たなくなります。

 

つまり、潰しにかかられた先の農家、漁師、林業者を、誰も、具体的には救済する仕組みは提供しないし、まもるための組合もやらないわけです。

 

そこが一番大切なのに、

 

それが一番大変だし、国からもにらまれ、命もかけるから、

 

誰も、やらないわけです、

 

何年もかかり、多額の被害を出してから、TPPをかりに脱退できても、

 

もうすでに、TPP並みなひどい、日欧FTAがあります。国際協定だから、なかなか脱退できませんね。

 

さらに、TPP並みにひどい、日米FTAが来ます。

 

もはや、日本は幾重にも植民地にされ、奴隷にされました。

 

逃げられないのです。

 

政治でも変わらないのです!

 

なんど講演会して、みんなワイワイ集会して、政治を変えようとしても、真実の動画アップしつも、焼け石に水。

 

日本は、それでは、救えないんです。

 

TPP脱退しても、

 

日本の農業、地方には、未来がない。

 

新しいマネー、新しい産業技術のコラボレーションで、新しい経済と財源を産み出し、五次元の世界をつくらないかぎり、

 

日本に未来などない。

 

 

複数の国際協定で、日本の司法さえ、無力となり、

 

TPPを脱退しても、日本は奴隷に完全にされました。

 

お金も、パーになっていきます。

 

遺伝子組み換えの毒しか、買えなくなれば、

 

赤ちゃんから要らない毒いり予防注射をされまくりますから、

 

日本人は、がん、奇病、奇形、精神病、病気だらけJAPANとなります。

 

もうすぐそうなりますね!

 

誰にでもわかる未来です。

 

しかし、TPPで、医療もあがり、必要な手術などは保険がきかなくなり、

 

介護施設も高くて入れなくなり、

 

たくさんの人が行き倒れます。

 

若者は国から借金だけ肩代わりさせられ、都会でも生きにくく、みんな貧しくなり、未来を醜い社会となります。

 

TPPで、日本の農業は壊滅的になります。

 

日本の種子、まもれなくなります。

 

みなさまの命や暮らしも、まもれなくなります。

 

地方自治体も無くなります。

 

農地は外資に買われ、遺伝子組み換えの毒で、死にます。

 

それが、今から来る日本の未来です。

 

みんなで殺されていくわけです。

 

そんな中、なにが、みなさまを具体的にまもれますか?

 

ともに滅ぶか、

 

覚醒している人々だけでも、いまから、ノアのはこぶねをつくり、

 

生き延びる道をつくるか。

 

2つに1つしか、道はないのです。

 

まもるべきもの、人、地球、自然、日本、日本人、救いたい人を救いたいから、

 

そのための組合、

 

はこぶねコミュニティ組合をつくる。

 

天の創りたかった世界を、地上につくるプロジェクト。

 

これから打撃をうける第一次産業、小規模の農家、漁業、林業者を法的にまもる組合をまずはつくります。

 

みんなで、一緒につくる、みんなをまもる、みんなで生きる、みんなの世界をつくる、新しい組合です。

 

 2019年2月10日 Web会議にて