仮登録者の皆さまへの重要なお知らせ

お待たせしました!ようやく準備が整いましたので、本登録となります。

タネや食の安全、地方の伝統や日本文化、森、川、大地、蜜蜂…

金のために失ってはならない貴重なもの。守るべき大切なものをなんとしても守っていくための研究をする、わたしたち「はこぶね組合」の研究チームと、各地域の研究員のはこぶねコミュニティー。

金で売買できない、本当に価値あるもの、失ってはならない貴重な天からの宝物。

守るべき価値があるものをまとめて守る。本気で地方創生する。

今の子供たちに未来ある社会を残し、生きていける地球と希望を残すために。

NAU!!はこぶね組合は、無農薬・無化学肥料の農業を推進し、日本古来の種や安全な食料、国民の健康と命、地方ごとの日本文化を守るだけでなく、新しい経済を生み出し、真の地方創生をし、あなたの町に未来を創ります!ともに生きる社会を。

We are NAU!!, Noah's Ark UNION. 私たちは、NAU!!医食同源はこぶね組合の研究員であることを誇りに思います。



はこぶね自然生命共生研究学会 有限責任事業組合

令和元年9月吉日

はこぶね組合 仮登録 関係各位 様

 

皆様、大変長らくお待たせ致しました。代表の坂の上零でございます。

 

いよいよ、大変な準備が整いまして、日本の地方の再生と、日本の食の安全、種、日本の森や農業、自然、みつばち、日本の伝統や文化など守るべき大切なものをまとめて包括して守り、世界の未来を救う「はこぶね組合」がスタートします。

皆さまにご連絡が遅くなってしまいましたこと、まずはお詫び申し上げます。

 

思えば、政治で世界が変えられると思い、私なりに頑張って来たのですが、TPPが批准され、流石にもうダメだ、政治では万策尽きたと思い自殺まで考え落胆しました。その絶望の中で1つの光が射しました。どこからともなく、

 

「はこぶねを創りなさい。絶望の中から希望を創りなさい」

 

「現代のはこぶねは、舟ではなく各地域につくるコミュニティーである」

 

と、天からのインスピレーションを賜りました。

これは天命でした。

 

だからこそ、自分を捨てて、使命感だけで、すべてわずかな自分のお金だけで、ただガムシャラに、命がけで頑張って来ました。

 

構想を現実にするのは思ったよりも困難で、色々な失敗や経験を通し学ばせて頂きました。一言ではとても語れない程の思いがあります。

 

北海道から、沖縄まで、はこぶねコミュニティーをつくるために全国津々浦々、あちこちを行脚しまして、本当に多くの場所で講演をさせて頂きました。そして多くの方々とリアルに出逢うことが出来ました。そして数多くの励ましのお言葉や、皆様のご理解とご協力を頂きまして現在に至ります。

本当に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

心無い誹謗中傷や、システムの変更、ビジョンの立て直しなど、創業期にはよくありますが、とにかく、はこぶね組合は前人未到の内容ばかりですから、紆余曲折もあり、組合をご支援頂く皆様には大変なるご心配とご迷惑をおかけ致しました。何を言われても全力で頑張って来た甲斐もあり「雨降って地固まる」の言葉通り、全国に素晴らしい、はこぶねコミュニティーが出来始め、地方創生の素晴らしいリーダーの方々とも出逢うことが出来ました。

 

何よりも、日本全国の無農薬・無化学肥料で頑張って来られた生産者の皆様方、また、漁業者や林業者も含めまして感謝しかありません。そして、それらを支えようとご理解を頂きました、はこぶね組合員の皆様方には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、いよいよはこぶね組合の準備期間も終わり、9月上旬に、スタートします。

そこで改めて、新しい「はこぶね独自のシステム」をスタートさせますので、皆様には今一度、はこぶね組合としての理念を再確認して頂きまして、再登録をして頂きます。こちらのシステムは、以前ご登録頂きましたプロトタイプとは違い、登録完了のメールが皆様に届くようになっています。そして新しいシステムでは、今までの様な他の企業が開発したシステムではなく、はこぶね組合オリジナルのシステムになります。FacebookLINE、等のコミュニケーションツールではなく、はこぶね組合オリジナルのシステムで今後は、組合関係者との情報共有やコミュニケーションが取れる様になります。

 

ですから、今まで使っていたLINEグループやFacebookグループなどは、一定期間を設けまして(別途ご報告致します)閉鎖させて頂きます。

 

新たな、規約もありますので、シッカリと倫理規約に目を通して頂きまして、ご賛同頂ければ幸いです。簡単にご説明させて頂きます。

この度、はこぶね理念にご賛同頂き、新たにご登録を頂きますと、「組合サポーター」という立場になります。組合サポーターとは、組合の理念の実現の為に、月額1,000円をお支払頂く事になります。

 

そこで、皆様には大変申し訳無いのですが、組合には、まだまだ、経済的な力がなく運営に四苦八苦しております。なので組合サポート費を一年分(1,00012ヶ月)10,000円を、指定口座にお振込頂きたいのです。そして来年1月より月々1,000円の組合サポート費を毎月自動引き落としで、(別途書類あり)お支払い頂くことで、組合サポーターとしての権利をを取得して頂きます。

 

はこぶね組合での無農薬野菜等の生産物は今後、研究学会という立場の為に、組合サポーターでない限り生産物はお買い求め頂けなくなります。そして来年を目処に、はこぶね理念でもあります、地方創生の要になる新しい経済圏の創造で、「NAUポイント」による物々交換がスタート致します。このNAUポイントは1円=1NAUで、イメージは電車に乗る時に使うスイカやイコカカードの様なもので、チャージして使います。はこぶね組合のオリジナル通貨みたいなイメージです。ですから、年会費の差額の2,000円は、NAUポイントとして、来年スタートする時に返金チャージさせて頂きます。この事を是非ご理解いただけると嬉しく思います。

 

と言うことは、2,000円お得と言うことです。

 

組合サポーターになりました皆様は、更に自己申告で「研究員」(研究員登録申請書)記入捺印頂きまして、2つのセクションに分けて申請して頂きます。①社会運動セクションと、②社会貢献事業セクションになります。これは自由ですから、組合サポーターのままでも問題ありません。

 

社会運動セクションとは、研究員としての地方創生の為の営業活動、コミュニティー創り、農家等の検査員、食育活動等を指します。社会貢献事業セクションとは、組合を運営したり研究員の経費を捻出する為の色々な事業を発案したり営業したりする経済圏を自立させる為の事業セクションになります。

 

これらは、人にはそれぞれ特性と個性がありますから、自由選択になっています。勿論、両方を選択していただくことも可能です。研究員は自己申告で誰でもなれる訳ではございませんので、研究員登録申請書を、はこぶね事務局に提出して頂きまして、はこぶね組合本部の承認を必要とする事にさせて頂きました。

 

何故かと申しますと、はこぶね組合は、ただの野菜売りではなく、本気で地方創生の実現を考えています。そこで、はこぶね研究員は、地方創生のリーダー的存在であり、はこぶね理念実現の為の大変重要な人材になる訳です。正に坂の上が講演で繰り返し言ってきた5次元社会を実現する要の存在だからです。一般常識、人間性、相互互助、平和で愛に満ち溢れた社会の実現にどうしても必要な方達です。

 

 基本的に研究員でないと、はこぶね組合の名刺は使うことは出来ない様に規約に書いてあります。

また、今までの様に、何の手続きもなくコミュニティーを創り、独自のネーミングやグループ名を名乗り、勝手に活動することや、組合のECサイトを介さずに販売などすることも今後は出来なくなります。これは常識があれば、ご理解いただけると思います。

組合は、自家採種禁止になった時にも最大限、農家さんをまもり、また、組合員を守るために知恵を屈指して造られておりますので、それを守るためにも、組合員みんなで守るべきルールがあります。

研究学会の全国区の組合ですから、研究の範囲内で取引をするには、ECサイトを介して、組合のクローズドな世界で販売していく必要があります。

全ては日本を守り、はこぶね組合を守る為に、理念や規約を厳守してルールに基づいて積極的な活動をお願い致します。

 

この2つのセクションを統括管理をして頂くリーダーは、はこぶね組合本部の承認の下で、任命させて頂きまして、統括リーダーを中心に地方創生の活動をして頂きます。

 

現在、コミュニティーもなく、統括リーダーが不在の地域の方々は、はこぶね本部の統括管理の元、地方創生の実現に向けて活動していただけますようお願い申し上げます。

 

細かな最新情報や、坂の上零の講演案内を始め、組合からのメッセージ等は、新しいシステムが出来ました。これからは誰でも簡単に閲覧出来るようになりますのでご安心下さい。

 

 

仮登録をしていただいた組合員の皆さまへ

いよいよ本格的なシステムを導入し、私の理念である、政府に依存しない、円で取引しない、みんなで助けあい、経済危機が来ても何とか乗り越えるように、共存共栄していく、独自の新しい経済圏をつくる(=新しい社会の基盤)こととができる段階に入ったこと、とてもうれしく思います。

準備段階が一番大変でしたが、これからは、本格的な創業期に入ります。

絶滅していこうとする日本の在来種で、無農薬・無化学肥料の農業を中心に、地方創生をしながら、地方をまるごとこれから、NAU!!医食同源フランチャイズ事業などで無農薬化していき、自然破壊を食い止めるように貢献し、

 

新しい経済圏を作り出します。

 

これはまさに、新しい国づくりをしているようなものなのです。

はこぶね組合のサポート費用に関するお知らせです。

およそ1年前からこれまで組合サポート費を頂かずに、坂の上の預貯金で全ての準備をして参りました。
オフィスとシステムに固定費用が継続的にかかるため、個人の資産のみでは限界を越えていました。
そのため、これまでの組合サポート費として一律1万円のお振込をご協力頂きたいと願うところでございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

★1万円のお振込先(現在までの会費分として)

 

お振込先
ゆうちょ銀行 
ゼロイチハチ(018)支店
普通口座 9478572
または、
ゆうちょ銀行
記号 10150
番号 94785721
名義:はこぶね自然生命共生研究学会 (有限事業組合)

 



いよいよ本登録が開始できるようになりました!

 

本システムへの本登録への流れ。


【振込みをして頂いた方へ】


新たなはこぶねシステムの登録アドレスをお知らせ致しますので、以下4項目を記載し(2019年9月10日※9月6日追記:最終締切は2019年9月30日に延長)までに、はこぶね事務局宛に返信をお願いします。

返信アドレス office@hakobune-hq.com

 

あなたの
①お名前
②ご自宅のご住所
③電話番号(携帯 ハイフンなし)
④振込み用紙の明細の写メ(振込受付画面のスクリーンショットでも可)

⑤農家、漁師、林業者、行政、企業経営者か、否か。

(該当する場合は、ご職業を明記してください。該当なしの場合は、無しで)

         ↓

 

【振込みの確認が出来た方】

 

新しいシステムのアドレスをメールにてお知らせしますので、改めて【本登録】を必ずしてください。

※皆様からのメールが到着してから、1週間以内に返信メールを送りますが
膨大な量の事務手続きに時間がかかる恐れもあります。
もし、お振込み後6日以上返信メールがない場合は、迷惑メールに入っていないか確認お願いします。

 

それでも確認できない場合のみ、お手数ですが事務局までご連絡ください。

 

もし、お振込み完了したお取引書の写メを上記①②③④⑤の情報を明記の上で、メールを「 office@hakobune-hq.com」まで送信してから6日以上経過しても、本部からの返信メールが届いていない場合は、

早急に、「 office@hakobune-hq.com 」まで、本部直通ですので、メールにてその旨をお知らせください。

 

その際には、本部に一度送ったメールを再送する形で、どこの、誰が、送っているのか分かるようなメールの書き方をしてくださいますと、作業がスムーズに進みます。


(返信先アドレス)

     ↓


office@hakobune-hq.com

 

 

【本登録が完了した方へ】


坂の上零からのメッセージや
新しい規約資料などに目を通して下さい。

毎月1,000円の組合サポート費は、
2020
1月から銀行引落としをさせて頂きます。
口座振替の手続きについては別途お知らせいたします。


今後は新システムにて全てのご案内や情報を発信して参りますので宜しくお願い致します。
なお、今まで連絡ツールとして使用してきましたfacebookLINEグループは一定期間を持ちまして閉鎖します。

 

すみやかに、新しいシステムでの、本登録をお済ませください。

 

本登録のアドレスは、1万円の入金確認後に送られてきます。

 

または、来年2020年1月あたりに、お知らせがあります。(できれば、その前にお早めにどうぞ。LINEなどは、取り潰しますので、連絡の手段が、新しいシステム内でしかなくなってしまいます)



※また、今回の振込を見送り来年から新規登録をご検討される方へ。

2020年より、地方創生プロジェクトとしてNAU!!ポイントを使っての物々交換がスタートします。
(
詳しくは別途説明します)
その時に、ご登録してくだっさった皆さまがお得になるようなプランを用意しています。

 

 

NAU!! 医食同源はこぶねマーケット

 

(=日本の在来種、固定種を中心とした、無農薬・無化学肥料などの安全で、価値が高い食料や調味料、各地域のはこぶねコミュニティーのオリジナル商品などを販売するECショッピングサイト)にて、新しい経済圏をつくるNAU!! ポイントを開始します。

 

そして、来年から、いよいよ、NAUポイントによる、地方創生の新しい経済圏の創造を皆様と仕掛けて行きます。その為の、NAUポイントとは?の勉強会や説明を、今年中に全国の研究員の皆様を中心に繰り返し講演やサイトによる勉強会を重ね、来年には一気に日本全国に、はこぶね組合の活動が社会現象になる様に、皆様と意図的に、戦略的に具体的に仕掛けて行きます。

 

ネットショップの「NAU!! 医食同源はこぶねマーケット」では、各地域のコミュニティーからの食材や商品が販売されます(円やドルなどはなく、独自の経済圏を創り、ポイントで物々交換もできる仕組みをつくり、いずれ来る経済危機に備えるため、すべてNAU!!ポイントでお取引します)

 

どうか、皆様、今一度ご理解を頂きまして、こんな私ではありますが、

はこぶね組合 代表 坂の上零に付いて来て下さいませんか?

 

そして、皆様と共に、この素晴らしい国、日本の伝統文化や子供達を本気で守って行きましょう。

 

一人でも多くの理解者や仲間が必要です。

どうぞ、皆様、お一人お一人の力を今こそ、お貸し下さいませ。

 

この度の新システムへの登録は、混乱と入力ミスを避ける為、下記に入金を済ませたら、ご登録頂きました、メールアドレスに、新しいシステムのURLをお案内させて頂きます。まだまだスッタッフを雇う経済力もありませんので少ないスタッフで対応します。対応が遅くなり、ご心配をおかけすることも、まだまだ、あるかもしれませんが、ご入金が確認出来次第順次ご案内をメールにてさせて頂きます。

 

全国の方が一斉に入金されますので、最初は大変混雑することが予想されます。

 

皆様には、ご心配とご迷惑を掛けてばかりで心苦しいのですが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

 

一番大変だった膨大な準備業務も終わり、今からが事業立ち上げ時期に入ります。

 

前人未踏の、日本にかつてない仕組みや制度を作っていきますし、7つの新しいチャレンジをしております。それは低い壁ではなく、道なき荒野に道を切り開いていかないといけないので、手探りで一所懸命やっておりますし、紆余曲折あります。

 

しかし、それでも、新しい世界をつくる、みんなで生きるみんなの世界を創るためには、必須なチャレンジです。

 

ぜひとも一緒に頑張っていきましょう。

共存共栄の新しい世界をともに作っていきましょう。

 

これからもご支援ご協力賜りますように、心よりお願い申し上げます。

ありがとうございます。

 

敬具

 

 

坂の上零

 

坂の上零あてのメルアド: sakanoue@hakobune.co

 

 

当組合の倫理規約、理念の実現のために守るルール(社会常識)

①NAU!!はこぶね組合のサポーターは、内部崩壊をする悪意や作為があり組合やサポーターや研究員に近づき、デタラメを吹聴して組合を内外から破壊して潰そうとした前科のある方とその一派など、組合のブラックリストに名前のある人や、組合や各コミュニティーを自身のビジネスやMLMの販路として私物化するために会員になりたい人以外は、誰でも基本なれます。以下の組合の理念と、それを実現するためのルール(社会常識として当たり前のことばかりです)である、組合の倫理規約に合意していることが前提で、ご登録いただけます。

②各コミュニティーで主要な働きをする研究員には、サポーターのように誰でもなれるわけではなく、理念に共鳴している前提で、本人の意思で、本人が申請します。その後、適性や人間性、資質、信頼性などを考慮したうえで、各地域のコミュニティーのリーダーたちが承認し、本部が認定してはじめてなることができます。研究員の質、品格、信頼性を一定以上の高さに常に保つためであり、組織全体の質の向上と、量よりも質の高さを維持するためです。

③NAU!!はこぶね組合には、大きく分けて2つのセクションがあります。1.社会運動セクション(一般の社会を良くする活動) と 2.社会貢献事業セクション です。基本は1にみんなが属し、本人の意思があるか、または、その適性に合う人は、2の事業セクションで、事業として、NAU!!はこぶね組合の複数の事業に参画できます。

ダウンロード
はこぶね組合 倫理規約
組合の目的、倫理、活動を発展させ、より良い社会をともにつくるために、各々が守るべき倫理規約です。本登録の前に必ず及びくださり、納得し、合意したうえで、登録ください。登録された方は、本倫理規約に合意したものとみなします。常識的な当たり前の内容ばかりです。
はこぶね組合倫理規約.pdf
PDFファイル 386.0 KB
ダウンロード
組合サポーターから、研究員になるための申請書(本部に郵送か、スキャンしてメール提出)
研究員登録申請書.pdf
PDFファイル 129.9 KB